共通用語

アスク(ask)

アスク(ask)とは、資産を購入する市場価格を指します。 バイナリー オプションでは、アスクが満期価格の算出に使用されます。

原資産

原資産 (asset。instrumentともいう) とは、金融市場で取引可能な商品のことです。原資産には、通貨、産物、指数、株式などがあります。

アット・ザ・マネー (ATM)

アット・ザ・マネーとは、差引ゼロのことを指します。すなわちこれは、オプションの取引終了時価格が取引開始時価格と同じであることを意味します。この場合、予想したオプション価格の上昇・下落を問わず、投資家に全額払い戻されます。

ビッド (bid)

ビッド (bid) とは、資産を売却する市場価格を指します。バイナリー オプションでは、ビッドが満期価格の算出に使用されます。

バイナリー オプション (デジタル オプション、FRO)

デジタル オプション取引、定額オプション (FRO) 取引などとも呼ばれるバイナリー オプションは、オプションが所定の価格で取引されます。オプションの上下幅はペイアウトに関与しません。推移の方向のみが考慮されます。バイナリー オプションを取引する場合、選択した原資産が一定期間内に上昇するか下落するかを選択するだけです。

コール オプション

コール オプションでは、投資家が取引満期時における資産の価格が開始時価格を超えると予測した場合に、利益を得ることができます。

満期レート

満期レートとは、オプション取引終了時における原資産の価格です。

満期

満期とは、オプション取引が満期となる終了期限の具体的な日時です。

イン・ザ・マネー

イン・ザ・マネーとは、取引に成功して収益を得ることを指します。すなわちこれは、オプションの取引終了時価格が取引開始時に投資家が予測した通りに推移したことを意味します。

Mid Market

仲値とは、アスク (買い) 価格とビッド (売り) 価格の平均値です。資産の実際の市場価格を指し、スプレッドはありません。

オプション

バイナリー オプションでは、投資家が実際の資産を購入することなくあらゆる金融商品を取引できます。取引するのが金などの産物であっても、あるいはアップルなど株銘柄であっても、投資家は製品を購入する必要がありません。投資家が取引するのはオプション (「原資産」とも呼ばれます) という仮想の代替商品です。したがって、オプションとは、実際の資産の価格変動がリアルタイムに反映される仮想資産であると言えます。

Out-The-Money

アウト・ザ・マネーとは、取引に失敗して損をすることを指します。すなわちこれは、オプションの取引終了時価格が取引開始時に投資家が予測した通りに推移しなかったことを意味します。

プット

プット オプションでは、投資家が取引満期時における資産の価格が開始時価格を下回ると予測した場合に、利益を得ることができます。

株式

株式は企業の持分を示し、株主は企業の収益から配当を受取ります。Google、Facebook、Apple、IBMなど、証券取引所に上場しているありとあらゆる企業の株式を購入することが来ます。