用語

アメリカンオプション: このオプションは、権利行使期間中にいつでも権利行使ができます。証券取引所で取引されるオプションの大部分がこのアメリカンオプションになります。
売呼値: バイナリーオプションの原資産を購入する際の価格です。
資産: 株式、商品、指数、FX通貨ペアなどの原資産を指します。バイナリーオプションは、これらの原資産を投資対象としています。
資産クラス: 資産をタイプ別に以下の4つに分けることを指します。 株式、債券、マネーマーケット、代替投資
アット・ザ・マネー: 判定時刻におけるバイナリーオプションの価格が、始値または行使価格と全く 同一であった場合、投資家には、元の入金額の全額が払い戻されます。

弱気筋: 相場の下落を予想しているトレーダー。
ベアスプレッド: バイナリーオプション戦略の一つで、トレーダーが原資産の見通しに対して弱気な場合に用いられる。 「コール」バイナリーオプションが行使されると、ベアコールスプレッドと呼ばれる。同様に、「プット」オプションでは、ベアプットスプレッドと呼ばれます。
買呼値:バイナリーオプションの原資産を売却する際の価格を指します。
バイナリーオプション: バイナリーオプションは、フィクスト・リターンやデジタルオプションという名称でも知られています。このオプションは、原資産の取引に使用することができ、事前に確定した利益および損失がペイアウト(払い戻し)されるもので、この利益および損失は、契約が行使される前に取引に関わる全員が把握しています。
債券: 国家・公共団体・銀行・会社等が、事業に必要な資金を借り入れるため発行する有価証券を指します。
採算価格: トレーダーにとって利益が出始める基準となる価格を指します。
強気筋: 相場の上昇を予想しているトレーダー。
ブルスプレッド: バイナリーオプション戦略の一つで、トレーダーが原資産の見通しに対して強気な場合に用いられます。 「コール」バイナリーオプションが行使されると、ブルコールスプレッドと呼ばれる。同様に、「プット」オプションでは、ブルプットスプレッドと呼ばれます。 バタフライスプレッド: バタフライスプレッドは、利益およびリスクを制限するバイナリーオプション戦略で、ブルスプレッドおよびベアスプレッドを組み合わせる戦略。 権利行使価格が異なる3つのオプションを複合し、コールもしくはプットを組み合わせて行います。

コールオプション: このバイナリーオプションでは、原資産の価格が判定時刻に始値または行使価格を上回った場合に、予め確定していた利益が支払われる。
相関: 2組の異なる通貨ペアの値動きがどの程度関連しているのかを示す統計的尺度。
現在価格: 特に明記されていない限り、最新のデータに基づくバイナリーオプションの原資産のリアルタイムの価格。
CDO: 債務担保証券(Collateralized debt obligations)は、資産担保証券(ABS)の一種で、発行および償還は確定利付き原資産のポートフォリオを裏付けにして行われる。
商品: この資産タイプには、エネルギーや食物、金属など、人間のニーズや要望を満たすモノやサービスが含まれる。
クレジット・デフォルト・スワップ: 買い手が売り手に対してプレミアムの支払いを定期的に行う代わりに、資産が焦げ付いた場合は売り手から払い戻しを受けるスワップ取引のこと。
通貨: 紙幣の形態で、買い手と売り手間の取引の媒体として使用される。
通貨オプション: 予め確定している額の通貨を特定の為替レートで買うまたは売る権利(義務ではない)をトレーダーに提供する。
通貨取引: 世界の通貨を売買する行為。通貨取引は、銀行などの金融機関が外国貿易を促進するために行う取引。個人の投資家もFXを利用して通貨取引に投資することが可能。

ユーロ: ユーロはユーロ圏の統一通貨で、世界第2位の準備通貨。
ヨーロピアンオプション: 権利行使日にのみ権利行使ができるバイナリーオプション。
エキゾチックオプション: デリバティブの一種で、特殊な条件が付与されており、バニラオプションなどの一般的な投資商品に比べ複雑になっている。
判定価格: 選択された判定時刻におけるバイナリーオプションの原資産のリアルタイムの価格。この価格によって、バイナリーオプションがイン・ザ・マネーもしくはアウト・オブ・ザーマネーで終了するのかが決まる。
判定時刻: バイナリーオプションの取引期限として選択された時刻および日付。

金融取引: 支払いを目的とした資産移転のために行使される買い手と売り手間の契約で、一般的に、この取引によって当事者の財政状況が変化する。
FX(外国為替): FXは、流動性と規模の双方において世界最大の金融市場で、政策金融機関や企業、政府、銀行、通貨投資家などの団体や個人が通貨を交換または取引する場。
FXオプション: 外国為替市場で取引される通貨ペア(EURUSD、GBPUSDなど)を原資産とするバイナリーオプション。
先物取引: 買い手と売り手が、事前に定められた量および質の資産を当日合意された金額(行使価格または先物価格)で交換する標準化された契約で、受渡しは互いに合意した先物期日に行われる。

ヘッジ: 取引戦略の一つで、相場変動による既存の取引に対するリスクの影響度を相殺または軽減するために新たに別の取引を利用すること。

指数: ある特定の条件に基づいて分類された株式のグループ。
金利: 資金調達コストのことで、通常は年率で表される。
イン・ザ・マネー: 「コール」バイナリーオプションにおいて、価格が判定時刻に始値または行使価格を上回った場合はイン・ザ・マネーとなる。 「プット」バイナリーオプションでは、価格が判定時刻に始値または行使価格を下回った場合にイン・ザ・マネーとなる。
本質的価値: 原資産の権利行使価格と現在の価格の差額。
投資: 利益を得る目的で金融市場に投資するために投じられるエクイティの額。
投資額: 投資家がバイナリーオプションへ資金を投じるために入金する金額。

流動性: 現在の市況における現金への資産交換の容易さを示すパラメーター。
貸付金: 借り手が貸し手から受け取る金額。
ロング: トレーダーが資産を「買う」場合に用いられる用語。
ロット: トレーダーが購入できる資産の最小単位。

信用取引口座: ブローカーが顧客に提供する口座で、顧客はこの口座残高の資金で有価証券や資産を購入する。
中間市場: 資産の実際の市場価格を示す値。この価格は、買呼値と売呼値の平均値として計算される。

ナスダック: ナスダック株式市場は、米国最大の電子スクリーンをベースとする株式市場で、時価総額では世界第4位の規模を誇る。

ワンタッチオプション: 原資産の価格が事前の設定価格に一度でも達するか、超えた場合に、予め確定していたペイアウトが投資家に支払われる。判定時刻が過ぎるまでにこの条件が満たされなかった場合は、損失が計上される。
アウト・オブ・ザ・マネー: 「コール」バイナリーオプションにおいて、価格が判定時刻に始値または行使価格を下回った場合はオウト・オブ・ザ・マネーとなる。 「プット」バイナリーオプションでは、価格が判定時刻に始値または行使価格を上回った場合にアウト・オブ・ザ・マネーとなる。

ペイアウト: バイナリーオプションが「イン・ザ・マネー」で終了した場合に投資家が受け取る利益。DashOptionのペイアウトは、元の入金額の最大78%。
ピップス: 通貨ペアの取引可能な最小単位。
プットオプション: このバイナリーオプションでは、原資産の価格が判定時刻に始値または行使価格を下回った場合に、予め確定していた利益が支払われる。

相場: ある原資産に対して買い手が妥当だと思う最高額、および売り手が承諾してもいいと思う最低額。相場により、すべての取引資産の現在価格が決定する。

利益率: 投資家の採算性を測定する取引パラメーター。
ロイター: ロイター・グループは、英国を拠点とするカナダ企業。 国際金融市場に関する情報を世界の新聞、放送局、インターネットメディア、投資家に向けて発信。 市場データ、ニュース情報、取引商品を金融市場に提供することを主な業務としている。
RTS指数: モスクワにあるロシアン・トレーディング・システム証券取引所に上場しているロシア企業50銘柄で構成される株価指数。

有価証券: 財務的価値の流通証券。有価証券は概ね、銀行券、債券、債務証書などの債券や、普通株などの出資証券、先渡、先物、オプション、スワップなどのデリバティブ商品などに分類される。.
株価: 特定の株式の価格。
株式: 株式市場に上場している企業は、その企業価値を株式と呼ばれる均一な価値の単位に分割することができる。株式は、資金調達のために市場で売買される。企業の株式を購入した個人は株主となり、その企業の所有者の一人となる。
ショート: トレーダーが資産を「売る」場合に用いられる用語。
ショート・ストラドル: 中立のバイナリーオプション戦略で、原資産、行使価格、判定日が同じプットとコールを同時に売ること。
スプレッド: バイナリーオプションが投資対象とする原資産の売呼値と買呼値の差。
証券取引所: 上場企業の株式を売買する市場。
証券アナリスト: 証券取引所に上場している企業の価値を財務記録、資産、市場シェア、自社製品などの関連データを分析することで詳しく評価する専門家。
株式オプション: 証券取引所に上場している企業の株式を原資産とするバイナリーオプション。
資本金: 企業の資本金とは、設立者がその事業に投じる初期資本のことを指す。
ストリップ戦略: 利益およびリスクに制限のないバイナリーオプション戦略で、ボラティリティが増加した結果、トレーダーが、原資産の価格は高騰するよりも暴落する可能性の方が高いと判断した場合に用いられる。
スワップ: 特定の条件に基づいて、事前に定められた期間にわたってキャッシュフローを交換する取引のこと。一般的に行われる形態として金利スワップがあり、ある市場参加者が別の市場参加者から変動金利を受け取って固定金利を支払う取引を行うことを指す。

取引時間: 各資産ごとに取引時間、取引日、休日が定められている。

バニラオプション: オプションのカテゴリーの一つで、判定日や行使日などの最も基本的な構成要素から成るオプション。
ボラティリティ: バイナリーオプションの原資産の価格の変動を表したもの。

利回り: 投資の年間利益を示す尺度で、百分率で表される。