市場の指標

DashOptionでは、世界各地の市場に影響する主な要素に関し、常に最新情報を取得し、熟知していただくために、確認可能な市場の主要指標をご用意致しました。


市場指標とは?

市場指標とは、経済の健全性判断に役立つ定期的に公表される報告で、トレーダーは市場指標に基づいて市場の動向を予測することができます。市場指標には、GDP (国内総生産) など経済全体に関連する指標と、小売、住宅販売などの指標は、市場内の特定のセクターに関連する指標があります。


市場指標と経済カレンダー

DashOptionの経済カレンダーには、以下に示されている、市場の推移に影響を与える事項が表示されています。 経済カレンダーには、翌日の市場の傾向に影響を与える主要事項が時間ごとに一覧表示されており、トレーダー必携のツールです。
このカレンダーには市場指標の発表時期、その重要度、報告の重要度の評価、対象となる通貨への実際の影響と予想される影響が示されています。
予定されている各種市場指標の公表時期と、それらがバイナリー オプション市場で取引されている原資産にどのような影響を与える可能性が高いかに関してを確認するには、こちらをクリックしてください。
各種市場指標に関する詳細を確認するには、リスト内の該当項目をクリックしてください。

製造業者を対象とする月例調査であるAPICS景気予測指数は、生産の動向を示します。指数値50は、生産量に増加が無かったことを示します。50を超えて10ポイント増加するごとに、4%の国内成長を示します。

貿易収支 (英語で Balance of Trade または International Trade Balance) は、輸入量を輸出量から差し引いて計測されます。国家の輸出が輸入を上回ると貿易の剰余が生じ、反対に輸入が上回る場合は貿易赤字と呼ばれます。不況時において貿易黒字は雇用を創出するため有利ですが、好況時における貿易赤字は物価の低下とインフレの緩和をもたらします。BOT は GDP、貨幣価値、インフレーション、雇用に大きく影響します。米国商務省は、月例報告と4半期ごとの業績を発表しています。

企業在庫関連の数値は、アメリカ商務省から発表されます。これらの数値では、在庫が買われている規模を示し、したがって売上高が示されます。ある企業の在庫が切れた場合、それは売上の上昇を意味し、したがってこれは経済的に好ましい徴候です。在庫が買い控えられている場合、事業において在庫が消費されていないことを示し、したがってこれは売上低下の前兆です。

建設支出報告は、月例で米国商務省により公表されます。この報告では、政府および民間の両セクターにおける新規の住宅と商用不動産建設の量を計測するもので、国内総生産報告の指標として優れています。新規建設投資を国内総生産の算出結果と組み合わせています。

チェーン店売上報告は、米国内のチェーン店の月別売上を示す数値です。この数値は、前年同月比の売上推移として毎月発表されます。この数値は売上総額のおよそ10%に相当し、消費者の出費水準動向を示します。 消費者支出は国内総生産の65%以上を占め、経済の全体的な健全性と株式市場・債券市場における推移の方向性予測に役立ちます。株式市場は高水準の消費者支出により支えられていますが、消費者支出に起因するインフレーションは債券市場に悪影響を及ぼします。

消費者信頼感指数 (CCI) は、著名な非営利集団であるコンファレンス・ボードにより公表されます。CCIでは、毎月5000世帯を対象とする調査が実施され、平均的な消費者の消費力、経済的安定度、経済に対する安心感 (信頼感) が評価されています。安心感の強い消費者は、経済の将来性に安心感があるため、比較的高額な購入を行います。経済低迷期であっても、消費者の安心感により投資家の有価証券等購入意欲も向上するため、この報告自体が市場に影響を与えることもあります。

消費者物価指数 (CPI) は、極めて重要性の高い現存市況指標です。この指数では、牛乳や歯磨き粉など、一般の消費者が使用する一定の製品群の時価が調査されます。CPIでは合衆国のインフレ動向が示され、 債券市場・株式市場の動向に多大な影響を与える場合があります。

耐久財受注とは、粗鋼、重機計算機器、タンク、航空機など、産業用高額製品の受注量です。企業がこうした高額な資本投下を行うのは、企業の健全性と経済全体に対する信頼感が高い時のみですので、この指標は重要です。単一セクターにおける大規模な発注により同年同月比が多大な影響を受けますので、防衛・交通機関セクターへの発注など、結果の公表時に特定のセクターが含まれない場合もあります。1年間の耐久財発注をその前の1年間と比較するのが、最も信頼性の高い結果評価方法であり、この方法は、同じく1年間の数値として評価されるGDP成長率の優れた指標です。

中古住宅売上とは、毎月の中古住宅売上高(新築住宅と違い、締結した売買契約の売上高です)のことを指します。住宅は高額な購入商品であり、経済の安定性に対する買主の信頼感の度合を示すため、これらの売上は国内経済の健全性の優れた指標となります。

耐久財・非耐久財全製品の工場受注額は、製造業・工業の成長水準を示します。この指標は米国商務省と国勢調査局により毎月公表されます。工場受注は国家の生産能力を示し、新規受注量の増減、発注が受注されない状態となるかどうか、納品の予定回数、当該時点以降の生産用在庫の残量などが示されます。

国家経済の成長率を示すGDPは、国家経済の健全性を示す最も重要な指標であると言えるでしょう。GDPでは経済生産量を示す1ヵ月の統計が公表されますが、GDPは直近1年間における国内の産品・サービス生産量を示す年間計測値です。GDPでは、貿易収支 (輸出から輸入を差引いた額)、民間・政府 による購買と投資の額が計測されます。

速報、その1ヵ月後の暫定報告、そのさらに1ヵ月後の最終報告と、3種類のGDP報告書が公表されます。これらの数値における顕著な相違が市場動向に影響される場合があります。

この報告では、2種類の書式で結果が公表されます。その1つは、1年間に生産された産品・サービスの市場価格が当日の為替相場に従って示される、経常ドルGDPです。もう1つは恒常ドルGDPで、産品・サービスの数量を計算して年間の産出量が求められ、実質GDPとも呼ばれます。この指標では、結果が恒常的なドル価格で示され、インフレ等を勘案せずに年度間の比較が可能です。

IFO景況感指数は、IFO経済研究所が工業、建設、卸売・小売企業7,000社を対象に調査して公表するドイツ経済の月例市況指標です。この報告では国内企業各社を対象として調査時の商況 (良い、普通、悪い) とそれ以降6ヵ月間の商況見通し (良くなる、変わらない、悪くなる) に関する見解が求められます。

輸出・輸入物価指数は、米国労働省労働統計局により公表されます。輸入物価指数では製造された製品の価格変動と、米国が購入した農産物・鉱物の価格変動が示され、輸出物価指数では海外で販売された産品の価格変動が示されます。これらの指数では、国際的に取引される産品等の動向が各種産品の世界市場におけるドル建ての価格と推移として追跡されるため、貨幣価値と市場の強さに関して優れた指数となります。ISM製造業景気指数

供給管理と調達セクターの非営利組織である米国供給管理協会 (Institute for Supply Management) では、製造業・非製造業の見通しを予測する月例報告を発表しています。

失業手当申請報告では、失業手当の新規申請者数が計測されます。失業数の増加は、経済を促進する購買力の低下の原因となるため、この報告では雇用市場と経済全体の健全性が示されます。

通貨供給量は、経済で流通する現金その他の流動資産の量です。流通量の増加は、高水準の雇用、インフレーション、生産を示します。

新築住宅販売は、1ヵ月あたりの新築住宅の販売量のことです。これらの売上は国内経済成長の指標として優れており、建設業その他の関連業界に影響します。

個人所得はあらゆる財源から個人、私益信託資金、無所得従事者、個人の無保険厚生資金が受領した収入に関連するものです。この所得は、個人の社会保障支払を除く、個人に対する労働所得、賃金・報酬支払、事業主の収入、個人利息、賃貸収入、個人配当、個人取引の支払と定義されています。

フィラデルフィア連銀景況感調査では、第3連邦準備制度地区 (フィラデルフィア州、デラウエア州、ペンシルバニア州東部、ニュージャージー州南部) の製造業セクター企業が毎月調査されます。この調査では、ISM指数など比較的広範囲を対象とする製造業関連報告に先立って商況の早期徴候を示すため、製造業における価格設定と雇用水準の動向が提供されます。

PMIでは、雇用統計、在庫水準、納品、製造が調査され、製造業における経済の強さが示されます。指数値50は、生産量に増加が無かったことを示します。50を超える指数値は成長を示し、50未満は製造業の停滞を示します。この指数はISMの公表内容の一部となっています。

PPIでは、原材料、半製品、製品など、卸売生産者・製造業者が販売する一定の産品・サービス群の時価が調査されます。生産者物価指数は、消費者物価指数と同様に米国のインフレーションを示す優れた指標ですが、この指標は消費者向け製品の購入者ではなく、卸売製品の販売者に関するものである点で消費者物価指数と異なります。

月例と年次の両方で計測されるRPIでは、ガス、住居、食品、旅行、家庭用品などを含む産品・サービスの小売物価が調査されます。物価上昇率の変動に関する優れた指数であり、物価スライド方式の賃金、年金、課税控除で必要とされる調整額の評価に使用されます。

失業率とは失業中の労働力の割合を指し、経済の強さを示す主要な市場指標のひとつです。失業率上昇は利率引き下げとインフレーションの上昇を示すことがたびたびあるため、失業率が上がれば上がるほど、経済状態が悪化していることを示します。